• 相続登記に権利証は必要? 日立市大和田町 N様

    2020年01月13日

    相続手続き

    お父様の相続登記について調べていたN様。権利証が見当たらないが大丈夫なのか、と心配のご様子でした。登記申請に権利証が必要となるのは、登記上所有権が無くなってしまう所有者が、本当にそれでも良いと思っていることを証明するために、所有者しか持っていない権利証を提供する趣旨です。例えば売買、贈与等法律行為で・・・

  • 後見人を自分で決めておく 日立市みかの原町 K様 

    2020年01月02日

    任意後見制度

    将来判断能力が衰えた時、自分が信頼した人に後見人になってもらえるように元気なうちに契約をしておく「任意後見制度」というものがあります。K様は最近忘れっぽくなったり、病気をしたこともあり、将来のことが不安に感じるようになりました。認知症など判断能力が衰えた時、長女に財産管理を全て任せることができるよう・・・

  • 婚外子に相続させたい 那珂郡東海村 S様

    2019年12月14日

    遺言書作成

    認知をしていない婚外子がいらっしゃるS様ですが、その子にもご自身の財産を相続させたいとのことでした。母親は出生という事実によって当然に法律上の親子関係が成立しますが、認知をしていない子には父親の相続について相続権がありません。認知は遺言によってもすることができます。そうすると、S様の死後ですが法律上・・・

  • 予期せぬ相続人 常陸太田市 Y様

    2019年11月28日

    相続手続き

    Y様の夫がお亡くなりになりました。ご夫婦に子供はいません。ご両親はすでにお亡くなりになっているので、相続人はY様、夫の姉です。Y様は夫の姉とは疎遠になっていて、今回の相続手続きを進めることに気の重いご様子でした。しかし戸籍を調査してみると、亡くなったご両親のうちお父様が養親でした。つまり実の父がいて・・・

  • 二世帯住宅での小規模宅地等の特例 日立市金沢町 N様

    2019年11月14日

    相続手続き

    被相続人の住宅として使われていた土地を、一定の要件に該当する親族が相続する場合、宅地の評価を80%減額することができます。それによって相続税の額や、相続税の申告自体が必要か否か影響をうけます。N様のお父様がお亡くなりになりました。二世帯住宅でご両親は1階に、N様ご家族は2階で生活をしていました。建物・・・

  • 婿養子である夫の相続 日立市森山町 N様

    2019年10月29日

    相続手続き

    N様の夫がお亡くなりになり、相続人は妻であるN様、夫の兄、妹です。両親もすでに亡くなっていて、ご夫婦には子供はいません。N様の夫は、N様のご両親と養子縁組をしていました。婿養子です。つまり、N様と夫は夫婦でありながら、兄弟としての関係もあります。N様は配偶者としての相続分と、兄弟としての相続分を二重・・・

  • 預貯金の相続手続き 日立市諏訪町 W様

    2019年10月17日

    遺産承継

    W様のお兄様がお亡くなりになりました。お兄様は生涯独身でしたので、相続人はW様含む兄弟姉妹3人です。お兄様は生前、施設に入居しており、不動産は全て処分していましたので相続財産は預貯金のみです。手続きが必要な金融機関は複数あり、相続人である兄弟姉妹は皆遠方に住んでいて高齢ということもあり、預貯金の相続・・・

  • 半血の兄弟姉妹の相続分 日立市大久保町 M様

    2019年10月08日

    相続手続き

    お兄様がお亡くなりになり、相続人はM様を含む兄弟姉妹3人です。お兄様の両親、妻はすでに死亡しており、子供はいません。長男であるお兄様と二男・A様は、お母様と前夫の子で、長女であるM様と二女・B様はお母様が再婚して生まれた子でした。つまり、A様はお兄様とは全血の兄弟、M様とB様はお兄様とは半血の兄弟姉・・・

  • 土地の相続の分割方法 日立市水木町 S様

    2019年09月26日

    相続手続き

    土地を相続した場合、4種類の分割方法があります。現物分割、代償分割、換価分割、共有分割です。現物分割とは、相続人の数の分だけ土地があることもあまり考えられないので、現実には土地を相続割合に応じて分けて(分筆)相続するような場合です。代償分割は、相続人の一部の人が不動産を取得する代わりに、他の相続人に・・・

  • 孫を養子にした場合 那珂郡東海村 K様

    2019年09月19日

    相続手続き

    K様の祖父がお亡くなりになりました。K様は祖父と養子縁組をしていて、孫でありますが祖父の子としての身分を持っています。養子縁組をした当時、祖父の推定相続人は長男、長女(K様の母)、養子のK様の三人でした。しかし、K様の母である長女は祖父より先に亡くなっています。この場合のK様の相続分は、養子としての・・・